ラム・システム新聞

新商品他情報 BLOG

2017年

5月

11日

「RICOH SP 2200Lシリーズ」を新発売

A4モノクロプリンター/複合機「RICOH SP 2200Lシリーズ」を新発売

~耐久性を向上し、モバイル機器からの印刷に幅広く対応~
2017年5月11日株式会社リコー


株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)は、A4モノクロレーザープリンターの新製品「RICOH SP 2200L」と、

A4モノクロレーザー複合機の新製品「RICOH SP 2200SFL」の2機種を発売します。

RICOH SP 2200Lは、2013年7月に発売したRICOH SP 2100Lの後継機種として発売するもので、毎分28枚

(A4縦送り)という高生産性はそのままに、耐久性を20万ページから35万ページと大幅に向上し、さらに安定した

出力環境を提供します。RICOH SP 2200SFLは、RICOH SP 2200Lをベースにコピー、カラースキャナー、

ファクス機能を付加した1台4役の複合機です。

新製品はともに、Wi-Fi Direct、AirPrint*1、Mopriaに対応し、タブレット端末などのモバイル機器からの印刷手段に

幅広く対応することで、お客様の多様な働き方をサポートします。また、コンパクト設計により、デスクサイドや受付

カウンターなどさまざまな場所に設置が可能です。さらに、1枚あたりの印刷コストは約3.8円*2と、低コストを実現

しています。

これらの特徴を持つ新製品を、SOHOや小規模事業所への導入を中心に、一般オフィスでの共有プリンターとしても

拡販してまいります。

*1AirPrintは、RICOH SP 2200SFLのみ対応。*2大容量トナーカートリッジ使用時。

 

RICOH SP 2200LNEW

 

RICOH SP 2200SFLNEW

 

 

0 コメント

2017年

4月

07日

「エコーフォトアルバム」を発売

ナカバヤシ

赤ちゃんの超音波エコー写真を鮮やかに残せる

専用アルバム「エコーフォトアルバム」を発売

 

 

 「エコーフォトアルバム」は、時間が経過すると

色あせてしまう「エコー写真」をアナログとデジタルで

保存。

 産院などで超音波検査の際に受け取ることができる

「エコー写真」は、熱の作用で印刷できる感熱紙を用いられることが多く、

時間の経過とともに光や熱の影響により画像が不鮮明になってしまいます。

 「エコーフォトアルバム」は、アルバム本体と専用アプリを活用することで、

手に取って見返す温かみ(アナログ)とデータ化による保存性(デジタル)により

「エコー写真」にまつわる思い出や記憶を鮮やかに残せます。

ナカバヤシhp ⇒ http://www.fueru-mall.jp/nakabayashi/products/43392.html

0 コメント

2017年

3月

09日

さわって、あそべるクリエイティブ空間 「シヤチポン!」オープン

     シヤチハタは、初の直営店、

“さわって、あそべるクリエイティブ空間”を

コンセプトに誕生したスタンプ体験ショップ

ShachiPon!(シヤチポン!)」を、
レゴランド・ジャパン隣接の商業施設

メイカーズ・ピア内にプレオープンする。

 

スタンプで捺(お)した印影が
壁に投影されてキャラクターに変身し動き出し、触って遊べるインタラクティブな仕掛け「スタンプワールド」。


大人と子どもが一緒に楽しめる「スタンプワークショップ」など。コミュニケーションツールとしてのスタンプの
魅力を伝え、創造性を育むさまざまなコンテンツを用意しています。

また「スタンプファクトリー」では、スタンプ自販機「OSMO(オスモ)」で写真やシヤチポン!
限定デザインのイラストを使って、世界に1つだけのオリジナルスタンプをその場で作ることができます。


●店舗概要
・店舗名:ShachiPon!(シヤチポン!)
・開業予定:2017年3月13日(月)プレオープン、3月30日(木)グランドオープン
 ・住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目7-1
 ※レゴランド・ジャパンに隣接する商業施設「Maker’s Pier(メイカーズ・ピア)」内
・営業時間:10:00~20:00(予定)※不定休
・サイトURL:http://www.shachipon.jp(2017年3月10日より)

0 コメント

2017年

2月

09日

夜19時から開く ?!大人のための文具のお店

 

【ぷんぷく堂】 さん...

 

とても素敵な外観のお店

 

千葉県市川市に2012年4月に創立。
約2.5坪の店内に、懐かしの文具や珍しい文具が

たくさん。
店長さんのこだわりの文具と
引き出しの中の掘り出し物には
まるで宝物を発見したかのような驚き。


鉛筆、ノート、オリジナル文具。

こだわりの文具を求め、平日には、仕事帰りの会社員が訪れます。、


通信販売もしております。

 

ホ-ムペ-ジ  → http://www.punpukudo.jp/main.html

ツイッタ-   → https://twitter.com/punpukudo

0 コメント

2017年

1月

11日

文房具新製品、隠れたヒット商品を紹介「第23回2017新春文紙フェア」を開催

ステーショナリー情報委員会主催は「第23回2017新春文紙フェア」を
1月10、11日、東京・浅草橋の共和フォーラムで開催した。

 

 今回から情報委員会の中から年度毎に新春・夏のフェアを運営する運営幹事を選定。
2017年度は、口分田尚志氏(コレクト㈱社長)が運営幹事を担っていく。

 

フェアテーマは「新しさの創造」。

 

また、2017年の年間テーマは『ひろげよう∞文具の未来∞』。

 

フェアには、販売チャンスに向けて個性ある51社(新規・春光園、ヒサゴ)が出展。
冬から春、新入学シーズンに向けての新製品、重点品。オフィスから家庭・スクールまでの文具、
他店との差別化できるオリジナル(OEM)商品化などを紹介した。

 具体的な提案で、商売に結びつく見本市として支持され、インターネットによる事前予約件数292件
(前年比105.8%)と年々増加している。

 開会式で口分田幹事は、「酉年は運気もお客様も取り込み商売繁盛の年と言われています。
世の中をみても前向きな明るい兆しが感じられる。年が明け、『継続』『未来』という言葉を頻繁に耳にする
ようになってきた。我々のテーマにも未来という言葉が含んでいます。ここに出展のメーカーは、素晴らしい
商品を開発し、フェアで紹介しています。是非、この二日間で春、夏に向けての商談を積極的にすすめて
頂きた」と挨拶した。

 「スタンプラリー抽選会」では、特別賞が用意され終日賑わいをみせた。

 

http://www.ohto.co.jp/html/fair/2017-1/html/index.html

 

0 コメント

PLUSの新商品はこちらでチェック!